広告費を無駄なく有効に活用できる!ノベルティグッズ制作のポイントなどを紹介!

当サイトでは広告費を無駄なく有効に活用できる可能性のある、ノベルティグッズ制作のポイントなどを紹介しています。
無料配布するグッズは競合他社との差別化が必須ともいえるでしょう。
話題性を持つグッズがポイントになることもあるのが広告宣伝のための無料配布アイテムです。
またこのサイトではグッズ作りで見落としがちな個数に関しても解説しています。
無駄にすることなく有効活用するためにも、押さえておきたい内容です。

広告費を無駄なく有効に活用できる!ノベルティグッズ制作のポイントなどを紹介!

ノベルティグッズを制作したいけれど、広告費の無駄が心配だという人もいるかも知れません。
安く作ることを重視しつつ、もらった人に喜ばれる可能性がある物を作りたいときには実用的な品物を選ぶことをお勧めします。
実用性が高ければ好みでなくても使われることが考えられます。
そのような実用的なノベルティグッズは名入れして作れることも多いのが特徴です。
名入れなら、制作費を抑えることも可能となるので一石二鳥といえます。

ノベルティグッズの制作の前段階ではターゲットを明確にすることが重要

ノベルティグッズの制作段階では、ターゲットを明確に意識しておくことが大事です。
要するに、そのノベルティグッズを誰に渡そうと考えているのかということです。
どくに指定しないというケースもありますが、これは認知度向上の目的があるわけで、自社の顧客になってくれそうな人を相手にしなければほぼ意味がありません。
どうみても自社の顧客にはなれそうもない人にいくらアピールしても売り上げにはつながらないからです。
分かりやすく言えば、例えば女性用の化粧品を扱っているお店があったとして、制作したノベルティグッズを男性にいくらばらまいたところで意味はないだろうというのは誰でも分かります。
その男性が家に持ち帰って配偶者や姉妹、娘や母親に渡してくれるかもしれませんが、そんなまどろっこしいことをするくらいなら、初めから女性にだけ渡せばより高い効果が期待できるに決まっているからです。
このように、自社の顧客層はどこにあるのかを考えなければなりません。

ノベルティグッズの配布場所やタイミングを考えた上で制作

自社の宣伝を効率よくおこなう場合、いまではノベルティグッズを配布されるケースが多くなりました。
以前は消しゴムやボールペンが多かったのですが、昨今では世間のニーズを反映したものを採用されており、エコバッグやタンブラーが人気ノベルティグッズです。
これから新しく制作を考えられている方も多いでしょうが、その際は配布場所やタイミングを考慮して作ることが大切です。
たとえば医療機器を扱う会社で、街頭でノベルティグッズを配る場合を事例にしましょう。
街頭では幅広い年代・性別の方が行き交います。
一般的に活用されるであろうものを用意するのがベストです。
エコバッグならどなたでも使える商品なので、それを制作して活用するのが望ましいです。
もしも見本市などの同業種が集まった会場であれば、ステーショナリーのノベルティグッズがおすすめになります。
配布場所を第一に考えることで、それぞれのニーズを見極めて宣伝効果もアップするわけです。

ノベルティグッズは持ち帰りやすさも重要なのでコンパクトな大きさで制作

ノベルティグッズはお客さんに持って帰ってもらうことが重要です。
邪魔になる大きなサイズのものは、途中で捨ててしまう可能性もあります。
イベント会場や展示会など思いがけない場所で配られることが多く、かばんを持っていない手ぶらの人もいるかもしれません。
それでも持ち帰るには、コンパクトなサイズであることが非常に大事というわけです。
大きなもののほうがインパクトがあると考えがちですが、ノベルティグッズに関しては大より小が好まれることを頭に入れておきましょう。
おすすめのアイテムとしては、例えばボールペンや缶バッジ、ステッカーなどがあります。
これらはコンパクトサイズで、ポケットにも入ります。
小さくとも実用的なのもポイントです。
家に持ち帰った後も、いろいろなシーンにて活用してもらえるはずです。
缶バッジやステッカーは日頃使う持ち物に付けて持ち歩くことができます。
小さいながらも利用価値のある存在感の大きいアイテムを考えたいものです。

ノベルティグッズはターゲット目線で制作しよう

ノベルティグッズを制作する際にはターゲット目線を意識することが大切です。
なぜならターゲットを意識せずに作った品物を配布しても、アピールしたい層に響かないことも考えられるからです。
ノベルティグッズを作る際には予算に合わせることも大切ですし、広告宣伝に効果的な物を作りたくなるものでもあります。
しかし配布する側の広告宣伝に対する意識が強すぎてしまうと、良いイメージを与えることが出来なくなる可能性があるため注意が必要です。
例えば企業名や商品名などの大きさや配置などの仕方です。
せっかくノベルティグッズを配っても使えないものであった場合には無駄になるかも知れません。
またターゲットに好まれるデザインや色に配慮したノベルティグッズを作ることをお勧めします。
好みに合わないものの場合、使う機会がないことも考えられるからです。
その場合には、使われないまま処分されてしまうこともあるかも知れません。
そのようなことを避けるためにもターゲット目線が重要です。

筆者:宮岡瑞穂

筆者プロフィール

山口県防府市生まれ。
カレンダーはリビングや玄関など色々な場所で使うのでノベルティでもらえると助かります。
ノベルティグッズ 制作